はじめてでも安心!Unityの教科書 補足一覧

ここでは、Unity参考書のページでも紹介しました↓の本に関連する補足事項を一覧として掲載しています。

この本はUnity初心者・プログラミング初心者でも手軽に始められるように、基礎的な説明や、それを補足するため図・ネコのイラストが充実しており、私ワガハイもC#スクリプト作成の基本を理解するために非常に助けられました。個人的に、初心者には是非オススメしたい1冊です!

ただそれがゆえ、少し細かい(マニアックな)ネタや、関連する話については敢えて説明を省いてある箇所があります。まぁそういった応用的な話はUnityに慣れてきたら自分で調べろって話ですね(^^;)

そこで、私ワガハイ的に、「この本を卒業して次のステップに向かう際、こういったことが気になる?調べるんじゃないかな?」と思った事柄について以下に書き並べています。是非参考になればと思います。

補足事項一覧(随時更新)

<2-4 変数を使ってみよう>

%:余り

<2-5 制御文を使ってみよう>

かつ(and):&&、又は(or):||

switch文

for文中でのbreak、continue、goto

<4-4 Tips ワールド座標系とローカル座標系>

transform.Translate(0, -1.0f, 0, Space.World)

補足事項詳細(随時更新)

<2-4 変数を使ってみよう>

・+:足し算、-:引き算、*:掛け算、/:割り算、%:余り ←余りも覚えておくと便利です!

出力結果:

<2-5 制御文を使ってみよう>

・if文の条件式を書く部分で、2つの条件が関わる時、

「もし条件Aかつ(and)条件Bなら」(両方の条件を満たす時のみ)→ if (A && B) { }

「もし条件A又は(or)条件Bなら」(片方の条件を満たしてればOK)→ if (A || B) { }

出力結果:

・if文の親戚で、switch文というものもあります。意味はif文と変わりませんが、書き方は以下のようになります。

出力結果:

・for文関連の用語は色々ありますので覚えておくと便利です!

break:ループを途中で抜け出す(for文の外に出る)

continue:次のループに移行(ループは続く)

goto aaa:「aaa:」と書いてる箇所までジャンプ

これらの文はちょっと役割が似ていてややこしいので、下のスクリプト文も参考にして下さい。

出力結果:

<4-4 Tips ワールド座標系とローカル座標系>

・本Tipsに記載の通り、transform.Translateメソッドはオブジェクトのローカル座標系で計算されますが、transform.Translate(0, -1.0f, 0, Space.World)と書くことで、ワールド座標系での移動と計算されます。オブジェクトを回転させたり移動させたり、という場合は注意しましょう。

例1:transform.Translate(0, -1.0f, 0)…移動はローカル座標系(1秒ごとに90°回転する)なので、下動画のようにグルグル回るような移動になります。

例2:transform.Translate(0, -1.0f, 0, Space.World)…移動はワールド座標系なので、下動画のように常に上に向かう移動になります(ローカル座標がどっち向いてようが関係なし)。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする