ゲーム「ワガハイ式ぷよぷよ」 制作手順2-1

落下中の組ぷよに付けるスクリプトを記述しよう

このページでは、落下中の組ぷよに付けるスクリプトを記述していきます。このスクリプトの作成については数ページに分けて解説していきますが、まずは基本的な組ぷよの挙動をスクリプトに書いていきましょう!

スクリプトを書く前に…(作戦の復習)

ぷよに付けるスクリプトの仕組み制作手順1の後半でも書きましたが、組ぷよ時(落下中)の2つのぷよぷよ(子)は1つの空オブジェクト(親)に属しており、「落下中」の動きについてはこの空オブジェクト(親)に付けたスクリプトに記述していきます(どちらかのぷよが着地するとこの空オブジェクト(親)は消滅する)。

ですので正確に言いますと、このページで記述していくのは空オブジェクト(親)に付けるスクリプトになります。

基本的な組ぷよの挙動って?

まず、組ぷよってどのような動きをするか、思い出してみましょう。100回ぐらいぷよぷよやってたら何となく動きは分かりますよね…?組ぷよの動きを出来るだけバラバラに分解してみましょう。例えば↓のような要素に分解出来るでしょうか。

・自然落下(○○秒ごとに1マス分落下)

・プレイヤーの入力に応じて「左移動」「右移動」「下移動」「右90°回転」「左90°回転」

・どちらかのぷよが着地すると組ぷよの動きは終了(各ぷよがバラバラに動き始める)

基本的にはこんな所でしょう。他にも、状況次第では特殊な動きをします。例えば、ぷよ1列分の狭い空間内では一気に組ぷよは180°回転しますよね。ぷよぷよでよく遊んだ方なら分かると思います。

まず、このページでは簡単な所で、箇条書き1つ目自然落下(○○秒ごとに1マス分落下)の部分をスクリプトで書いていきましょう。

基本的挙動1「自然落下」をスクリプトで記述しよう

では、いよいよスクリプトを書いていきましょう。「自然落下」であれば、この本に記載されているスクリプトほぼそのまま使えますので復習の気持ちも兼ねて書けると思います!

自然落下(1秒ごとに1マス分落下)

これは、Updateメソッド中に以下のようなスクリプトを書けば実現します。この本を読まれた方なら似たようなスクリプトは見たことあります…よね?

自然落下(1秒ごとに1マス分落下)スクリプト解説

・1秒ごとに自然落下にした理由:大きなこだわりは特にありませんが、「誰でも手軽に遊べるような難易度」にしたかったので、「ゆっくり落ちてくる」くらいの感覚を持てるスピードにしました。もちろん難しいレベルを選べはスピードが上がるぐらいのギミックは入れても良かったのですが、ワガハイ式ぷよぷよでは特に実装しませんでした。

ちなみに、ワガハイ式テトリスの方ではレベルアップでブロックの落下スピードを上げるギミックを入れております。スクリプトの書き方などについてはテトリスの制作手順のページを参考にして下さい。

・Time.deltaTime:この本の5-7章に詳しく解説されていますのでそちらを参照して下さい。

・transform.Translate(0, -1.0f, 0, Space.World):こちらのページに簡単な解説を書きましたのでそちらを参照して下さい。

この自然落下のスクリプトを作成するだけでは「Space.World」は別に必要ありませんが、次の制作手順2-2にて組ぷよ=空オブジェクト(親)を90°ずつ回転させていきますので、これが無いと常に下方向に自然落下してくれません。なので、この時点であらかじめ書いておきます。

今回はここまでです。次回の制作手順2-2では、組ぷよの基本的挙動2つ目に当たります、プレイヤーの入力に応じて「左移動」「右移動」「下移動」「右90°回転」「左90°回転」をスクリプトに記述していきます!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする