ゲーム制作4 ワガハイ式7ならべ

こちらは、私ワガハイが制作したゲーム「ワガハイ式7ならべ」のページになります。是非一度遊んでみて下さい!スマホからでもプレイ出来ます!!(注:突然音楽が流れるので初見時はご注意ください)

操作方法

左クリック(スマホでは画面タッチ):場に出すカードを選択

ゲーム基本ルール

トランプ(全52枚、ジョーカーなし)をシャッフルし、プレーヤー(全4人)に配ります。もし、手札に7のカードが含まれていた場合、それをゲーム開始前に場に出しておきます。

自分から順番に、場に出ているカードとマークは同じで、数字が隣り合っているカードを出していきます。出せるカードが無い場合、パスを宣言して次の人の順番になります(ワガハイ式7ならべでは、何回パスしても大丈夫です)。なお、A(エース)が出るとK(キング)が出せます。逆も同様です。

これを何度も繰り返し、手札を最初に0枚にすると勝利です(ですので、パスの回数は少ないにこしたことはない)。頑張って1位を狙っていきましょう!

CPUのAIについて(ネタバレになるので白黒反転)

以下はゲームのネタバレになりますので、出来れば何度かプレイしてから読むことを推奨します。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓以下、ネタバレ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

今回のCPUは、結構性格が悪いです(笑)。ざっくり言いますと、自分が出せるカードの中でもっとも7から離れた数字のカードを優先的に出していきます。多分この戦法が(シンプルながら)7ならべで最も強い…と思いますので、そういうCPUにしてみました。

言わずもがなですが、今回も機械学習などは特に実施していないので、やはりAIと称するのは大嘘です(笑)。すいません。m(_ _)m

お借りしたもの(ありがとうございます!)

・トランプ裏の絵柄:無料素材倶楽部

・音源もろもろ(カードの音、パスの音、上がりの音):フリー効果音 On-Jin ~音人~

ゲーム制作手順(随時更新)

上の7ならべゲームを制作する上での制作手順や、スクリプト文の作成手順などを以下に並べていきます。各項目の詳細についてはリンク先の各ページを参照して下さい!

なお、7ならべゲームも比較的単純な構造になっているので、極力全体を解説していけたら、と考えています!よろしくお願いします!!

・ゲームの設計を考えよう 

・監督(トランプ配布、場に出す…など)の作成 1/2/3/…

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする